ホームメイト下総中山店トップ > 
太陽光発電

エコプラン

最新技術が集結したエコ住宅とは

太陽光発電は屋根などに太陽電池を取り付け、太陽の光で電気を創ります。
無尽蔵にある太陽光のエネルギーを使って、電力の自給自足を目指しましょう!

なぜ、いま太陽光発電なの??

現在地球上では、地球温暖化問題や異常気象、エネルギーの枯渇問題など、環境問題が山積しています。
これまで、ミドリウムではそれらの対策の一環として、屋上緑化や屋上菜園、壁面緑化等を普及させるべく
活動してきました。

しかし、それらだけでは微力であることも否めません。

そこで、私たちが新しく始めた事業、それが太陽光発電システムです。
特に、エネルギーの枯渇問題は、喫緊の課題です。電気を創るための原料は、石油も石炭もほとんどを輸入に頼っている現状ですし、数十年後には枯渇する
ともいわれています。
また、電気を創る際に、地球温暖化の原因ともされているCO2などの温室効果ガスを排出しない、原子力発電は、常に危険との背中合わせです。
そこで、私たちは、無限にあり、しかも発電の際にも温室効果ガスを一切排出しない、さらには危険を伴わない「太陽光発電」の普及拡大に努めようと決めました。

今、太陽光発電が注目を浴びているワケ

2009年11月からスタートした、「太陽光発電の新たな買取制度」により、太陽電池を使って家庭で作られた電力の余剰分を、従来までの約2倍の価格で
10年間電力会社に売ることができるようになりました。

この制度により、これまではもとをとるのに15年から30年かかるといわれていましたが、約10年から15年に短縮することができるようになりました。
「詳細は経産省のWEBサイトで」

太陽光発電で環境貢献!

太陽光発電システムには、大きく5つのパーツが必要です。
まず、システムの中核となるのが「太陽光発電パネル(モジュール)」。屋根に取り付け発電します。
発電した電力は「直流」ですが、家庭で使ったり、電力会社に
送るためには「交流」に変換する必要があります。その役割を果たすのが、「インバータ」。
また、家庭で使用する分と電力会社へ送る分を仕分けるための、
「分電盤」(インバータの機能と分電盤の機能を併せもつのが、「パワーコンディショナー」)、
料金を記録するための「買電メータ」と「売電メータ」が必要になります。
そのほか、室内で発電や売買電の状況を確認するための、「モニター」があります。

デメリット克服の電気料金体系!

自然エネルギーのみを使用する太陽光発電の発電量は、天候等の
外的要因によって左右されます。
良く晴れた日中には発電効果がもっとも大きくなり、売電する量も増加
しますが、もちろん夜は発電しませんし、
雨や曇りの日にも発電量は低下します。
発電量が不足する場合は、電力会社から買うことになります。
しかし、電力会社との契約形態を確認することで、
電気料金を賢く節約することができます。

毎月の電気料金は、太陽が働いてくれた分だけ確実に安くなります。これは大きなメリットです。車一台分ほどもの初期投資をしているとはいえ、毎月の支払料金が 少なくなるのはやはりうれしいものです。電気使用量の請求書を見ることが楽しみにもなり、さらなる節電意識が芽生えます。 しかし、安くはない買い物に不安もあると思いますが、車は高くても絶対に買いますし、つぶれたら買い換えもします。それは生活必需品だからです。 それなら電気も必需品、そう考えて太陽光発電を取り入れる人が増え続けています。

太陽光発電で創った電力を効率よく活かすためには、オール電化がお勧めです。
効率よく使用することで、家計で大きな割合を占める光熱費を大幅に抑えることが可能です。
また、環境負荷が高いといわれている発電方式(火力や原子力)にできるだけ頼らず、エネルギーの自給自足を目指しましょう!

日中に発電した電力を家庭の電力として使うことにより、その分の電気料金は無料!になり大きなメリットとなります。
しかし、日中に家にいないことが多い家庭では、せっかく発電しても使うことができません。
そんな時は、余った電力を電力会社に売ることができるのです。
一般的な住宅の現在の売電価格は48円/kWh(10年間固定)ですので、買電価格の2倍もの価格で売ることが可能なのです。
夜間は電力会社から電気を購入しますが、その際の電気代を安くする契約を利用することもできます。

室内には、常時発電や売買電の状況を確認することができるカラーモニターを設置。
ご家族でそのモニターを見ながら、「使い過ぎ!」とか「晴れてる日は特に発電量が
多いね」なんて楽しみながら、無駄な電気を使わない計画を立てるなんてことも・・。

家族みんなの省エネ意識や環境意識が高まり、さらには太陽がさんさんと降り注ぐ
明るい将来をイメージできる人々が増えることで、地球全体の省エネにもつながります。

太陽光発電を取り入れる理由は人それぞれです。もともと環境意識が高い人や、機械やシステムに興味がある人、売電による収益を目的にしている人など。 しかし全てに共通するのは、晴れた日を以前にも増してありがたく思うようになることです。 太陽の光は、農作物を実らせたり野菜の甘みを増したり、また人間の気持ちを安定させてくれたりと、多くの恵みをもたらしてくれます。 近年は紫外線などの害も指摘されていますが、人間も動植物も太陽の恵みがないと生きていくことができません。長雨が続いたあとにスカッと晴れた日には、 思わず太陽を拝んでしまいます。

太陽光パネルを設置することにより、屋上緑化と同様に断熱効果が増加し、夏は涼しく冬は暖かく過ごすこともメリットの1つです! 断熱効果とは、ちょうど暖かい下着を一枚身につけると、上からコートを羽織るよりも暖かく感じるのと同じで、家屋も断熱をしておくことによって、外気温にも 左右されにくくなります。しかし、新築時や屋根改修時に施工することが出来る「屋根一体型ソーラーパネル」を設置する場合はこの限りではありません。

地震や台風などの災害により停電になった場合でも、電気を使うことができます。
もしも!の時も安心なのが太陽光発電システムのメリットの1つです!

注文建築・建て売り住宅・リフォーム専門店ホームメイト 下総中山店

pagetop