ホームメイト下総中山店トップ > 
家づくりのポイント

家づくりのポイント

失敗しないいえづくりのために

失敗しないいえづくりのために

「家を建てたい!」と決めた殆どの人は、住宅展示場やモデルハウスを見に行くことと思います。
しかしこの住宅展示場のモデルハウスは「実物の建物の倍以上の費用をかけて建てられている家」
だということです。
とにかくこのモデルハウスは、お客様に夢を見させて引き付けるための建物ですから、間取りは
広々ゆったり、内外の材料は最高級の仕様、設備・インテリアは豪華なものを設置してあります。
そこでモデルハウスを見学するときは、冷静になって
「本当に必要な設備や材料の仕上げは、どんなものなのか。」
「間取りの広さや家全体の大きさは、どれ位あれば十分なのか。」
「それらを考慮した仕上がりの価格は、いくら位になるのか。」
などと、しっかりとポイントを押さえて見学し、うわべの見せかけに惑わされないようにしましょう。

モデルハウスや営業マンの言葉を鵜呑みにできないとなれば、では何を信用すればよいのでしょうか。
それは実際に建設中の現場を覘いてみることです。
建物は構造が命ですので、その構造は完成してからはなかなか見ることができませんので、ぜひ覘いてみて下さい。
ツーバイフォーやプレハブ住宅は、実際が貧弱に見える上に、構造が現われている期間が少ないので、なかなか見れる機会は少ないかと思いますが、構造以外でも、
職人の様子や床下の状態など、現場の工事状況を見ておくことは必要です。
進行中の現場以外で、完成後の住んでいるお宅を見ておくことも、実際のイメージが伝わり、建て主さんの声なども聞け、これも大切なことです。

失敗しないいえづくりのために

「坪単価いくら?」というのは、住宅価格を知る上で一つの目安でもありますが、本来住宅建築工事において本来坪単価表示をすること自体、間違いです。
なぜなら、15坪の小さな住宅も60坪の大きな住宅でも台所やお風呂、トイレは付き、これらの工事費は高く、家の大小に関係なく同じくらいの工事費が
かかります。そして小さな家ほどその割合が大きくなります。
また、最近増えてきたメーターモジュールの家にも坪単価を安くするからくりがあります。
それらから、実際に坪単価表示することは公正さを欠く事になるのですが、「坪単価表示」で宣伝することは今のところ禁止されていません。

モデルハウスや営業マンの言葉を鵜呑みにできないとなれば、では何を信用すればよいのでしょうか。
それは実際に建設中の現場を覘いてみることです。
建物は構造が命ですので、その構造は完成してからはなかなか見ることができませんので、ぜひ覘いてみて下さい。
ツーバイフォーやプレハブ住宅は、実際が貧弱に見える上に、構造が現われている期間が少ないので、なかなか見れる機会は少ないかと思いますが、構造以外でも、
職人の様子や床下の状態など、現場の工事状況を見ておくことは必要です。
進行中の現場以外で、完成後の住んでいるお宅を見ておくことも、実際のイメージが伝わり、建て主さんの声なども聞け、これも大切なことです。

「安い」「便利」は一時的 - 住んだ後の「被害」と「加害」を考える

「日本人の寿命が世界一なのに、わが国の住宅寿命は世界一短い(平均26年、実際に10年で壊す家もあります)
ということを、ご存知ですか」
「今人が住んでいない空家が、わが国に580万戸もあるということを、ご存知ですか」
「家庭内事故死が約一万人もあり、その中で住まいが原因で事故死する人が、世界一多いということを、
ご存知ですか」
「わが国の住宅と土地が世界一高く、狭くて住みにくい、という不満が、世界一多いということを、
ご存知ですか」
「わが国の大手住宅メーカーの規模が世界一であることを、ご存知ですか、またなぜ世界一になれたか、
考えたことがありますか」
また「商品化した規格住宅を販売する人が、自ら住んだこともないのに、また住みたくもない住宅を販売
している事実を、ご存知ですか」
さらに「家をつくって子を失う」家が増えていること。離婚や社会的犯罪の増加、シックハウス症候群、
ボケ症候群の増加、地球の危機進行等も「住まい」と住宅づくり」
に関係がある、ということを御存知ですか。
今までの「20世紀型住宅産業のあり方」に大きなミステークがあったことに気付くべきです。
「単に住めればいい」「便利であるから」という住宅消費時代から「地球と社会と人間を豊かにする住宅」へ大きく転換しなければならなくなってきているのです。
住宅は子供たちの心を育む環境であり、地域社会を活性化し、地球を危機から救う環境資産であるのです。この環境が良質であればある程、子供たちに、地域社会に、
地球に良い影響を与えていくのです。

「家づくりは、幸せな家族づくりです。」
幸せな家族づくりは、規格住宅に生活を合わせるのではなく、幸せな家族生活が出来るように、
家族の生活像に合わせて創りあげていくものです。
「住む」という語源は「澄む」からきているように、住みながら心が澄んでいくような住宅に
していくことです。その意味では住宅は買うものではなく、人生を賭けて創るものなのです。
「安いから買う」「今、契約すると割引になるから・・・」「今、契約するとハワイ旅行に招待されるから・・・」
といった扇動的なサービスには騙されないようにしましょう。「安いから買う」という気持ちは
分かりますが、買った後の長い人生のことを真剣に考え、資金的に余裕が出来てから決めるように
したいものです。
なぜなら「安い」という喜びは、一時的であり、その後の「住んでからの苦しみ」の方が長く、前述した
ような悪い結果を生み、悪い影響を考えかねないからです。

注文建築・建て売り住宅・リフォーム専門店ホームメイト 下総中山店

pagetop